Amazon欲しいものリスト 連携してみた

Amazonで買えるタッチペンでスマホをメモ帳に即変身させる方法

あれ?

さっき思いついたアイデアなんだったけ?

そんな経験、ありませんか?

せっかく思いついたブログのアイデア、

忘れちゃったら、もったいないですよね?

そんなうっかり忘れがなくなるように、僕が実践している「Amazonで買えるタッチペンで、スマホをメモ帳に即変身させる方法」をご紹介します。

これさえあれば、いつアイデアが思い浮かんでも、すぐにメモをとって忘れないようにできますよ!

スマホをメモ帳に即変身させるおすすめのタッチペン

おすすめタッチペンは「MEKO スタイラスタッチペン」

僕がいつも使っているオススメのタッチペンをご紹介します。

Amazonで買える「MEKO スタイラス タッチペン」です。

とてもリーズナブルなお値段なのに、書き心地が良くて、気に入っています。

タッチペン「MEKO スタイラスタッチペン」は2種類のペン先を利用可能

おすすめタッチペン「MEKO スタイラスタッチペン」は、上の写真のように、両側のキャップを外すことができるようになっており、

  • 文字を書くためのペン先(写真右側)
  • ゲーム操作や太い文字を書くためのペン先(写真左側)

を使い分けられるようになっています。

タッチペン「MEKO スタイラスタッチペン」は安価なのに抜群の書き味

そして、「MEKO スタイラスタッチペン」の最大の特徴は、リーズナブルなのに書き味が抜群であること。

なお、実際に書く際は、上の写真のように、使わない方のペン先にキャップをして使いましょう。

無料のメモ帳アプリ「Google keep」を活用しよう!

おすすめのメモ帳アプリは「Google keep」

スマホをメモ帳にするためには、スマホ側にメモ帳アプリをインストールしなければなりません。

おすすめのメモ帳アプリは「Google keep」。

Google純正ですので、Googleアカウントでログインするだけで、PCやタブレットとメモを共有することができます。

しかも、「Google keep」アプリは完全に無料で利用することができます。

「Google keep」のダウンロードはこちら

iphoneの方はこちら

Androidの方はこちら

Google Play で手に入れよう

Google keepでの手書きメモのとり方

Google keepでの手書きメモのとり方はとっても簡単!

まず、Google keepアプリを立ち上げます。

画面下の左から2番目にある「筆」のアイコンをクリックします。

あとは、先ほどのタッチペンで文字を書くだけです。

手書きした文字をデータ化しよう!

そして、このメモ帳アプリ「Google keep」のすごいところは、手書きした文字をデータ化できる点。

つまり、Googleの優れた文字認識機能を活用して、手書きした文字をデータに変換できるのです!

そのやり方をご紹介します。

手書きメモを書き終えたら、右上のメニューをクリックします。

すると4つのメニューが表示されるので、上から2つ目の「画像のテキストを抽出」を押します。

すると、なんと一瞬で、手書きした文字がデータ化されるのです。

データ化された文字データは、もちろん、様々なものにコピペしたりして、活用できますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

タッチペンとスマホを活用して、思いついたアイデアを確実に活用できるようにしていきましょう!

「MEKO スタイラスタッチペン」の購入はこちら

「MEKO スタイラスタッチペン」の購入はこちらから

「Google keep」のダウンロードはこちら

iphoneの方はこちら

Androidの方はこちら

Google Play で手に入れよう

ノビ

ノビ

昼は会社員
夜はサイト運営&投資活動

夜の活動収益でほぼ暮らしてます(汗)

WordPressテーマ「THE SONIC」
発売前βテストに参加!

最高のWordPressテーマです
本サイトでも稼働中!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事