Amazon欲しいものリスト 連携してみた

2020年ドローンおすすめ4選|今年買うなら世界的シェアDJI社のこの一台!

こんにちは。

ノビ(@nobilogtokyo)です!

みなさん、写真撮影、動画撮影は好きですか?

今回は、

2020年にドローンを始めたい!

そんな方におすすめの機種を紹介します。

ドローンの技術はますます進歩し、一般の方でも簡単に操作できるようになってきています。

2020年、ドローンデビューしてみてはいかがですか?

Mavic Mini(+Fly more コンボ)

この機種に向いている方

本機種は、機体の重量が199gとなっており、航空法の規制を受けずに都内などでも飛行させることが可能です。

ですので、本機種は、以下のような方におすすめです。

・都内など、航空法の規制がかかりやすいエリアでも気軽に飛行させたい方

・軽量かつ高性能な機種がお好みの方

・手頃な値段でそれなりに高性能な機能を求める方

この機種の特徴

2019年秋、ドローンのシェア世界第1位を誇るDJI社より、ついに「重量199g」のドローン「DJI Mavic Mini」が発売されました。

実は、この「199g」という重量には大きな意味があります。

重量が200gを越えると、航空法の規制にかかり、ドローンの飛行できる範囲に制限が生じてしまうのです。

今回新発売となった「DJI Mavic Mini」は、その制限がかからないように小型化を実現しつつ、1200万画素の静止画撮影と2.7K動画撮影に対応し、撮影面でも十分な性能を備えています。

しかも、お値段も手頃。

DJI社の本気を見た一台です。

Tello

この機種に向いている方

重量わずか80gの小型ドローン。

従来の常識を覆すような小型化を実現しつつ、価格も12,980円と手頃。

ですので、本機種は、以下のような方におすすめです。

・安価な一台でまずは始めてみたい方

・軽量小型のドローンが好みの方

・気軽に使える一台が欲しい方

この機種の特徴

500万画素の静止画撮影とHD動画撮影に対応し、大きさ、値段の割には、撮影面でも十分な性能を備えています。

本機種は重量「80g」で、200g未満なので航空法の規制を受けないのです。

様々な場所を気軽に飛ばすことができ、活躍の場も多いドローンとなっています。

DJI Mavic 2 pro

この機種に向いている方

本機種は、高価格ではありますが、とにかく画質にこだわった一台です。

ですので、本機種は、以下のような方におすすめです。

・DJI社がHasselblad社と提携して実現した最高画質を味わいたい方

・とにかく画質にこだわって撮影したい方

・予算20万円程度が確保できる方

この機種の特徴

カメラ部分の開発でHasselblad社と提携し、高画質を実現した一台。

現行の民生用ドローン機の中で、最高レベルの画質と飛行性能を備えた機種と断言して差し支えないでしょう。

ただし、その分、価格も197,560円と、さすがにいいお値段がします。

しかし、とにかく美しい映像を撮りたい方や、普段、フルサイズの一眼レフカメラを使うなど画質にこだわっている方は、最初からこの機種を買ってしまった方が、むしろ安上がりとなるかもしれません。

DJI Mavic 2 Zoom

この機種に向いている方

この機種は、「Mavic 2 pro」の兄弟機種に当たるもので、同機種に「ズーム機能」を加えたモデルとなっています。

したがって、「Mavic 2 pro」の飛行性能を引き継ぎつつ、カメラ部分にズーム機能を搭載し、被写体に近寄るというコンセプトを目指しているわけです。

ですので、本機種は、以下のような方におすすめです。

・高画質にこだわりつつ、被写体に寄った迫力のあるドローン映像を撮りたい方

この機種の特徴

「Mavic 2 pro」に光学ズームを搭載したモデル。

「Mavic 2 pro」のハイレベルな飛行性能を引き継ぎつつ、被写体に寄れるズーム機能を備えた機種となっている。

画質自体はMavic 2 proには劣るものの、ズーム機能を活かした「ドリーズーム」などの面白い撮影機能も搭載されており、印象的な映像が撮影できる。

いかがでしたか?

 

お気に入りの一台は見つかりましたでしょうか?

2020年、ぜひ空撮にチャレンジしてみませんか?

ノビ

ノビ

昼は会社員
夜はサイト運営&投資活動

夜の活動収益でほぼ暮らしてます(汗)

WordPressテーマ「THE SONIC」
発売前βテストに参加!

最高のWordPressテーマです
本サイトでも稼働中!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事